HOME > レース結果 > 第39回全日本軽量級選手権大会 レースレポート


第39回全日本軽量級選手権大会 レースレポート

◇◇第39回全日本軽量級選手権大会◇◇
男子ダブルスカル、女子ダブルスカル2種目優勝
男子舵手なしクォドルプル、男子シングルスカル3位入賞
男子シングルスカル4位入賞、女子シングルスカル5位入賞
オープントライアル 女子シングルスカル優勝、男子シングルスカル5位入賞

5月26日(金)〜28日(日)、埼玉県戸田ボートコースにおきまして「第39回全日本軽量級選手権大会」が開催され、男女合わせて5種目に出場いたしました。
当大会は、アイリスオーヤマ(宮城)、新日鐡住金(茨城)、NTT東日本(東京)、関西電力美浜(福井)、関西電力小浜(福井)、DENSO(愛知)、トヨタ自動車(愛知)、トヨタ紡織(愛知)、大垣共立銀行(岐阜)、東レ滋賀(滋賀)、ダイキ(愛媛)、今治造船(愛媛)など国内の社会人強豪チームに加え、HongKongRowingAssociation(香港)、TaipeiRowingAssociation(タイ)など海外のナショナルチームも参加しておりますが、優勝2種目、3位入賞2種目、4位入賞、5位入賞という成績を残すことができました。
また、同時開催された「小艇タイムトライアル」では2種目に出場し、優勝と5位入賞となりました。

※軽量級選手権出場資格には体重制限があり、国際大会においても体重制限の無い「重量級種目」と「軽量級種目」に分かれ、日本代表では軽量級種目を中心に世界と戦っています。


<第39回全日本軽量級選手権大会>

  • 男子シングルスカル3位(大河原)4位(浜田)
  • 男子ダブルスカル優勝(S陶山B中村)
  • 男子クォドルプル3位(S鎌田3中田2光岡B橋)
  • 女子シングルスカル5位(上田)準決勝(鈴木)
  • 女子ダブルスカル優勝(S領木B首藤)

<オープントライアル>

  • 男子シングルスカル5位(是澤)
  • 女子シングルスカル優勝(上野)
応援に来てくださったみなさまと表彰式後に記念撮影
≪第39回全日本軽量級選手権≫

男子クォドルプル 3位 ※4人漕ぎ

決勝レースでは、当クルーはスタートからリズムに乗れず4位で500mを通過。
そこから徐々にリズムを取り戻し、3位の龍谷大学を追い抜き、他のクルーにも追いつこうとするが、ゴールまで差を縮めきれず、ゴール。3位となった。

男子クォドルプル 表彰式
【男子クォドルプル】
ポジション 氏名
S 鎌田 宜隆
3 中田 悠介
2 光岡 紘輔
B 橋 修
【決勝結果】
順位 クルー 500m 1000m 1500m 2000m
優勝 HongKongRowingAssocia 1分31秒9 3分08秒6 4分45秒0 6分20秒1
2位 トヨタ紡織 1分32秒1 3分10秒2 4分47秒9 6分23秒6
3位 明治安田生命 1分35秒2 3分13秒4 4分50秒9 6分25秒7
4位 龍谷大学 1分34秒7 3分15秒6 4分56秒8 6分37秒8

男子ダブルスカル 優勝 ※2人漕ぎ

予選・準決勝ともに好タイムで決勝に進出。
決勝には、昨年度のメダリストの今治造船と香港代表クルーも進出。
決勝ではスタートから飛び出し、中盤も徐々に差を広げ、ゴールし3年ぶり3回目(1998年、2014年)の優勝となった。

男子ダブルスカル 表彰式
【男子ダブルスカル】
ポジション 氏名
S 陶山 修
B 中村 澄人
【決勝結果】
順位 クルー 500m 1000m 1500m 2000m
優勝 明治安田生命 1分36秒2 3分16秒5 4分59秒6 6分43秒9
2位 HongKongRowingAssociaA 1分37秒0 3分18秒8 5分01秒2 6分45秒4
3位 今治造船 1分38秒7 3分22秒6 5分05秒5 6分51秒6
4位 関西電力美浜 1分38秒3 3分20秒7 5分06秒1 6分54秒4

男子シングルスカル 3位・4位 ※1人漕ぎ

大河原、浜田両クルー共に準決勝の接戦を制し決勝へ。
決勝では浜田が得意のスタートで飛び出す。中盤では接戦の疲労もあり、新日鐵住金と香港代表クルーに出られ、そのまま艇差を開けられてしまう。
ラストで大河原が追い上げを見せ、浜田を抜かし香港クルーに追いつこうとするも、届かず3位となった。

男子シングルスカル(大河原) 表彰式
男子シングルスカル(浜田)
【男子シングルスカル】
ポジション 氏名
S 大河原 敦史
S 浜田 祐太
【決勝結果】
順位 クルー 500m 1000m 1500m 2000m
優勝 新日鐵住金(中野) 1分47秒5 3分35秒9 5分24秒3 7分12秒4
2位 HongKongRowingAssocia(Wong) 1分46秒9 3分35秒1 5分25秒6 7分18秒0
3位 明治安田生命A(大河原) 1分49秒4 3分41秒3 5分33秒6 7分22秒6
4位 明治安田生命B(浜田) 1分46秒0 3分38秒5 5分32秒7 7分25秒4

女子ダブルスカル 優勝 ※2人漕ぎ

決勝まで勝ち進み、決勝レースでは、スタートは筑波大学と当クルーとが横一線で進み、そのまま中盤まで接戦を続ける。終盤にかけ、当クルーが飛び出し他クルーを引き離し、そのままゴール。
7年ぶり2回目(2010年)の優勝となった。

女子ダブルスカル 表彰式
【女子ダブルスカル】
ポジション 氏名
S 領木 暦
B 首藤 多佳子
【決勝結果】
順位 クルー 500m 1000m 1500m 2000m
優勝 明治安田生命 1分49秒4 3分44秒0 5分37秒3 7分30秒6
2位 筑波大学 1分49秒0 3分44秒6 5分41秒7 7分32秒6
3位 早稲田大学 1分51秒3 3分45秒6 5分41秒1 7分36秒8
4位 仙台大学 1分53秒9 3分53秒2 5分52秒9 7分48秒7

女子シングルスカル(上田) 5位 ※1人漕ぎ

鈴木は予選で敗れ、敗者復活戦に回るも勝ち上がり準決勝へ進出したが、元日本代表等強豪クルーに敗れ準決勝敗退。
上田も準決勝に進出するが、リオオリンピック出場選手と同じ組になり、惜しくも敗退。
順位決定戦へ。順位決定戦では、貫禄のレースで一位となり、全体5位入賞。

女子シングルスカル
【女子シングルスカル】
ポジション 氏名
S 上田 佳奈子
S 鈴木 亜由子
【5位〜8位順位決定戦結果】
順位 クルー 500m 1000m 1500m 2000m
1着 明治安田生命A(上田) 2分01秒4 4分08秒7 6分18秒4 8分22秒8
2着 早稲田大学B(安井) 2分05秒3 4分13秒4 6分26秒4 8分33秒1
3着 トヨタ自動車(太田) 2分04秒1 4分14秒0 6分27秒7 8分34秒4
4着 戸田中央総合病院RC(浜田) 2分06秒0 4分16秒9 6分31秒5 8分40秒0
≪小艇タイムトライアル≫

男子シングルスカル 5位 ※1人漕ぎ

得意のスタートで一気に飛び出し、中盤まで良いリズムで行くが、後半にかけ徐々に失速してしまい、上位を目指したが、惜しくも5位となった。

男子シングルスカル
【男子シングルスカル】
ポジション 氏名
S 是澤 祐輔
【決勝結果】
順位 クルー 500m 1000m 1500m 2000m
優勝 NTT東日本C(梶谷) 1分46秒9 3分41秒0 5分34秒0 7分27秒4
2位 日本紙パルプ商事(長田) 1分49秒4 3分43秒8 5分37秒0 7分30秒6
3位 明治大学A(菊池) 1分52秒9 3分49秒4 5分41秒6 7分32秒8
4位 東レ滋賀A(槻木) 1分52秒6 3分48秒8 5分42秒2 7分35秒4
5位 明治安田生命(是澤) 1分42秒2 3分34秒5 5分34秒8 7分40秒4
6位 NTT東日本A(諏訪) 1分50秒7 3分47秒6 5分46秒7 7分47秒3

女子シングルスカル 優勝 ※1人漕ぎ

スタートから、他クルーを寄せ付けず一気に差を広げていくレース展開に、中盤も緩むことなく、ゴールまで進み、1着でゴール。優勝となった。

女子シングルスカル
【女子シングルスカル】
ポジション 氏名
S 上野 翔子
【決勝結果】
順位 クルー 500m 1000m 1500m 2000m
優勝 明治安田生命A(上野) 1分53秒4 3分54秒4 6分01秒0 8分04秒3
2位 関西電力小浜B(河原) 1分57秒3 4分00秒9 6分06秒5 8分08秒4
3位 日本体育大学B(坂井) 1分56秒0 3分59秒2 6分05秒6 8分12秒4
4位 東北大学A(西原) 1分56秒8 4分03秒9 6分11秒4 8分15秒3
5位 早稲田大学A(石上) 2分03秒4 4分10秒4 6分16秒2 8分21秒7
6位 今治造船(杉原) 2分01秒2 4分09秒7 6分19秒2 8分25秒7
ページトップへ
Copyright Meiji Yasuda Life Insurance Company All Rights Reserved.